top of page

日本のヘアスタイルの変遷:1980年から2020年代まで



日本のヘアスタイルの流行がどのように変遷してきたのかを振り返ってみましょう。1980年代から2020年代まで、各時代のトレンドをご紹介します。


1980年代:パーマ全盛期

1980年代は、ふわふわとしたボリュームのあるパーマヘアが大流行しました。男女ともにパーマをかけるのが一般的で、特に松田聖子さんや中森明菜さんといったアイドルのヘアスタイルが多くの人々に影響を与えました。



1990年代:ロングヘアとウルフカット

1990年代に入ると、サラサラのストレートロングヘアが理想とされました。一方で、前髪を短く、後ろを長くするウルフカットも若者の間で人気を博しました。この時代のファッションは、ヘアスタイルにも大きな影響を与えています。


2000年代:レイヤーカットと茶髪

2000年代は、シャギーカットやレイヤーカットが主流となり、小顔効果があるとして特に女性に人気でした。また、明るい茶髪や金髪のカラーリングも一般的になり、ヘアカラーのバリエーションが増えました。


2010年代:ナチュラルヘアとボブヘア

2010年代になると、自然なストレートヘアやゆるふわパーマが主流となりました。ナチュラルビューティーが求められる時代です。また、ショートボブやロングボブも流行し、特に石原さとみさんや佐々木希さんのような女優のヘアスタイルが多くの人に愛されました。


2020年代:ウルフカットの復活と韓国風ヘア

2020年代には、かつてのウルフカットが再びトレンドに戻り、より洗練されたスタイルとして再評価されています。また、ややくすんだミルクティーカラーやアッシュ系のカラーが人気を集め、K-POPの影響で韓国風のヘアスタイルやカラーも多くの人に取り入れられています。


まとめ

各時代のヘアスタイルの変遷を振り返ると、ファッションや文化の影響を強く受けていることがわかります。今後も多様なスタイルが混在し、自分らしいヘアスタイルを楽しむことが求められるでしょう。REPUBLIC では、お客様一人ひとりに合ったスタイルをご提案していますので、ぜひご相談ください!


ご予約お待ちしております。

吉祥寺美容室リパブリック0422-24-9195



Comentarios


bottom of page