midnight swan



世の中は空前の鬼滅ブームで

街には大人から子供までコスプレをして

楽しんでいる人がいっぱいいます。


そんな中わたしは気になっていた

ある映画を見に行きました。



「ミッドナイトスワン」







この素晴らしい映画の感想は

私の語彙力では陳腐な言葉でしか表せそうにないのでやめておきますが、

久しぶりに映画館で嗚咽する程泣き続けていました。

久しぶりというか、ほぼ初めてかもしれません。

上映が終わってからも、なんとも言えない焦燥感に涙が止まりませんでした。


考察や解説をみてから、

もう一度みたいという気持ちと、

この最初の衝撃を感じたままでいたい気持ちとのせめぎ合いです。



終わってすぐ何人かの友人に連絡したら、みんな同じことを言って共感していました。 


映画の中の話だけど、

映画のような出来事や、

嘘みたいなことが起こりうるこの世界です


それでも、守るもべきものがあるというのはある意味無敵なのかもしれません


友人にこんな質問をされました


今すぐ一億円をもらえるボタンか

十年後に10億円をもらえるボタンか



どっちを選んだら後悔しないでしょうか


話が逸れましたが



是非皆さんも時間があれば見てください。

きっと何かを思うはずです。


おすすめです。






NATSUKO