リバーズ・エッジ


今月の映画始めはこちらでした。

私は原作の岡崎京子さんの漫画が好きで中でもこの「リバーズ・エッジ」は

お気に入りのひとつなので映画化されることに少し複雑な思いはありましたが、

キャストもイメージに合っていたし、何よりストーリーはもちろん、

情景やファッションなど細かいところまで原作に忠実に造られていて、

監督の原作に対する思いと岡崎さんへの敬意が窺えました。

感想ではないですが、原作が好きな方も映画を、

映画をみた方は是非原作を。

どちらもいい意味で目が死んでます(笑)

ちなみに、私はこの映画の監督である行定勲監督の「GO」という作品が大好きで

同じ若者の青春ストーリーなんですが、どちらの作品も自分は何者なのか、

何の為に行きているのかという自問自答や大人、世間に抗い、もがきながら進もうとする姿には胸が熱くなります。

私にとって映画は即効性のあるモチベーションです。

忘れつつある何かを思い出しました。


9回の閲覧

REPUBLIC 吉祥寺 美容室 

​リパブリック ヘアサロン 東京