top of page

アメリカのヘアスタイルの変遷

アメリカのヘアスタイルの変遷(1980-2024)をファッションと絡めて見ていきましょう。この40年以上の間に、ヘアスタイルとファッションは互いに影響し合いながら進化してきました。それぞれの時代に影響を与えたセレブリティについても見ていきます。


1980年代: ボリュームとエッジの時代


ファッション:

1980年代は派手で大胆なファッションが主流でした。ショルダーパッド入りのジャケット、カラフルなレギンス、そしてスパンデックスなどが流行し、個性を強調する時代でした。


ヘアスタイル:

この時代のヘアスタイルは、「ビッグヘア」として知られるボリューム感のあるスタイルが特徴的でした。パーマやティーズヘア(逆毛)が流行し、ヘアスプレーを大量に使って髪を立てるスタイルが主流でした。また、ロックやパンクの影響で、モヒカンや鮮やかな髪色も一部の若者の間で人気がありました。


セレブリティ:

- **マドンナ**: ファッションアイコンとして、ボリュームのあるブロンドヘアや大胆なファッションスタイルで多くの女性に影響を与えました。

- **マイケル・ジャクソン**: パーマをかけたボリュームヘアと独特のファッションセンスで、彼のスタイルは世界中に広まりました。

1990年代: ナチュラルとグランジの融合


ファッション:

1990年代はグランジファッションが登場し、カジュアルでリラックスしたスタイルが人気を博しました。フランネルシャツ、デニム、ドクターマーチンのブーツなどが代表的なアイテムです。


ヘアスタイル:

ヘアスタイルもナチュラル志向が強まりました。レイヤーカットやボブカットが流行し、シンプルで自然な髪型が好まれました。特に、レイチェルカット(ジェニファー・アニストンがドラマ『フレンズ』でしていたスタイル)が大流行しました。一方、グランジファッションの影響で、無造作なロングヘアやベッドヘッドスタイルも人気がありました。


セレブリティ:

- **ジェニファー・アニストン**: 『フレンズ』でのレイチェルカットは、90年代を代表するヘアスタイルとなり、多くの女性が同じカットを求めました。

- **カート・コバーン**: グランジロックの象徴として、無造作なロングヘアとラフなファッションで一世を風靡しました。

2000年代: 多様性と実験の時代


ファッション:

2000年代はファッションにおいて多様性が広がり、個々のスタイルが尊重されるようになりました。ヒップホップ、ポップ、ゴシックなど、さまざまなスタイルが混在しました。ローレングスのジーンズやカジュアルなスポーツウェアもこの時代の特徴です。


ヘアスタイル:

この時代のヘアスタイルは非常に多様で、様々なトレンドが同時に存在しました。ショートカットからエクステンションを使ったロングヘアまで、個性を強調するスタイルが多かったです。色についても、ハイライトやローライト、ブロンドからピンクや青などの大胆な色まで幅広く取り入れられました。また、セレブリティの影響で、新しいカットやスタイルが次々と流行しました。

セレブリティ:

- **ブリトニー・スピアーズ**: 金髪のストレートヘアやアップスタイルが若者に人気を博しました。

- **デヴィッド・ベッカム**: 彼のベッカムカットやさまざまなヘアスタイルの変遷は、多くの男性に影響を与えました。


2010年代: ソーシャルメディアの影響


ファッション:

ソーシャルメディアの台頭により、ファッションのトレンドは瞬時に広まり、より国際的かつ多様化しました。アスレジャー(アスレティック+レジャー)が普及し、スポーツウェアが日常のファッションとして定着しました。


ヘアスタイル:

ソーシャルメディアの影響で、美容業界にも変化が生じました。インフルエンサーやYouTuberが新しいスタイルやヘアケア製品を紹介し、一般の人々がそれを真似するようになりました。ビーチウェーブやバレイヤージュ、そして自然な質感を生かしたスタイルが人気を博しました。また、ヘアアクセサリーも再び注目され、ヘアバンドやヘアピンなどが流行しました。


セレブリティ:

- **キム・カーダシアン**: ソーシャルメディアを駆使して、バレイヤージュやストレートヘアなど、多くのトレンドを発信しました。

- **リアーナ**: ショートカットや大胆なカラーリング、個性的なヘアスタイルでファッションリーダーとして君臨しました。


2020年代: 自己表現とサステナビリティ


ファッション:

現在のファッションはサステナビリティやエシカルファッションに焦点が当てられています。リサイクル素材やオーガニックコットンの使用、そしてスローファッションの理念が広がっています。


ヘアスタイル:

2020年代のヘアスタイルは、自己表現を重視する傾向が強まっています。自然なカールやウェーブ、オーバルカットなど、個々の髪質を活かしたスタイルが人気です。また、環境に配慮したヘアケア製品や、化学物質を避けるオーガニック製品の需要も高まっています。髪色においては、パステルカラーやシルバーヘアなど、個性的な色が注目されています。


セレブリティ:

- **ビリー・アイリッシュ**: 鮮やかなグリーンヘアやプラチナブロンドなど、個性的な髪色で注目を集めました。

- **ゼンデイヤ**: 自然なカールヘアや多様なスタイルを披露し、若者に大きな影響を与えています。


このように、1980年代から2024年までのアメリカのヘアスタイルは、ファッションと密接に関連しながら進化してきました。時代ごとのトレンドを理解することで、現在のスタイルにも新しいインスピレーションを見つけることができると思います。


吉祥寺ヘアサロン リパブリック0422-24-9195

Comentários


bottom of page